知らない間にやってしまう意外な落とし穴

皆が流用しているものだから勝手に載せても大丈夫とはならない

ホームページを作成していると、そんなつもりはないのに、うっかり他人の著作権を侵害してしまうことがあるので注意しなければなりません。具体的にどういったケースかというと、まずSNSなどで多数の人にシェアされている画像をそのままホームページのコンテンツとして掲載してしまうというものが挙げられます。
よく、「ネットから借りてきた」といった表現で、他人の著作物をブログに掲載する人がいますが、厳密にいうとこうした行為は違法性が高いといえます。なにかの参考資料として著作物を使った場合は引用と見なされることがあり得ますが、SNSで流行っている画像を紹介したいといった理由で載せてしまうと引用の要件を満たさないからです。

制作元が不明なホームページ作成の素材集には要注意

オークションなどで販売されているホームページ作成用の素材集から、画像などを選んで使ったという場合も、著作権を侵害するケースがあります。
なぜ、お金を出して購入したものを使って著作権侵害になるのかというと、ネットで販売されている素材集の中には、他人が著作権を持っている画像などを勝手にCDなどに収録したものがあるからです。こうしたものは、一般人が小遣い稼ぎのために販売しているケースが多いのですが、事情を知らなかったとしても最終的に購入者が著作権侵害を問われ、賠償金を支払わされるケースもあるので注意しなければなりません。
ホームページ作成に使う素材集を買う場合は、必ず、制作元がはっきりとしているものを選ぶようにしましょう。