ホームページ作成に関する用語説明

ホームページ作成関連用語(初級)

ホームページを作る上で必要不可欠な最低限の技術であるのがHTMLとスタイルシート(カスケーディングスタイルシート)です。HTMLという用語は「HyperText Markup Language」の略で、この特殊なテキストファイルの中に書かれている事がブラウザに表示される形になります。スタイルシートは文字・背景等の装飾に関する用語・技術で、基礎知識を覚えてCSS(cascading style sheets)ファイルの中に装飾に関する決まり事を書きます。またHTMLとスタイルシートの基礎知識を全部覚えたら、「レンタルサーバー」というものが必要になってきます。ユーザが特定URLにアクセスすると、契約したレンタルサーバー内にアップロードしたファイルの記述情報が呼び出され、呼び出した情報がブラウザに表示されます。

ホームページ作成関連用語(中級)

なお、レンタルサーバーと契約するとCMSというホームページ作成ツールを無料で簡単に使えるようになります。このCMSという用語は「コンテンツ・マネージメント・システム」の略で、その名の通りホームページの内容を管理する便利ツールです。ログインして操作画面に進むとツール内にて様々な事が行えますが、様々なCMSがあるためどんなCMSが自分のホームページに合っているのか事前に分析してください。また、インターネット上のWebページが激増する中、「SEO」に関する技術を身につける必要性も増しています。SEOという語句はSearch Engine Optimizationの略語で日本語で言うと「サーチエンジン最適化」を意味します。SEOの技術を身につけてHTML内の記述を最適化する事で、大幅なアクセスアップにつながる場合もあるので重要な技術です。